武蔵大学硬式庭球部OB・OG会 会則


第1条 (名称)
本会は、「武蔵大学硬式庭球部OB・OG会」という
略称「武蔵テネ-会」という
第2条 (目的)
本会の活動目的は、次のとおりとする
1.会員相互の結束・親睦および情報交換を図ること
2.武蔵大学硬式庭球部の発展に寄与すること
3.母校および他大学との交流・親睦を図ること
第3条 (事業)
前条の目的を達成する為に、次の事業を行う
1.現役に対して、技術指導・資金援助・就職相談等を行う
2.武蔵テネー会ホームページを設け、常時活動内容・行事等を案内する。また総会開催時に会員名簿を配布する。
    3.定例行事は、次の通り、実施する。実施日は、その都度現役と打ち合わせて行う。
@「現役とテネー会役員・監督との意見交換会」
A「OB戦」 年1回実施する
B「OB総会」
 2年に一回、OB戦・実施日にOB戦終了後に行う。
4.四大学(武蔵・学習院・成蹊・成城)間のOB・OG対抗戦及び親睦会に協力参加する
5.母校が開催する各種行事に参加する
6.その他、役員会において必要と認めた事業を行う
第4条 (会員の資格)
    会員資格は 武蔵大学硬式庭球部・出身者(中途退部者を除く)とする。
第5条 (会員資格の喪失と会員資格の変更)
1.会員資格の喪失
(1) 会員の資格は、次の事由により喪失する
 @ 除名
 A 死亡
  (2) 本会に著しく不利益を与えたり、会費の納入を怠り、幹事長からの催告にもかかわらず、これを履行しない場合は、役員会の決議により除名することがある
2.会員種類の変更
会員種類を変更する場合は、変更届を幹事長宛に提出する
第6条 (役員・幹事および職務・担務内容)
本会の役員・幹事および職務・担務内容は、次の通りとする
[役員]
 
役職 人数 職務
会長 1名 総会で決定した方針・計画等の実行全般を統括し、対外行事において本会を代表する
副会長 若干名 会長を補佐し、必要に応じて会長の職務を代行する
幹事長 1名 本会の実務全般を統括する
監査役 1名 本会の会計監査を行う
顧問 2名 本会の諮問・相談に応じる
[幹事]
 
担当 人数 職務
事務局 若干名 総務・会計・四大学を担当する
現役担当 若干名 現役部員の技術指導を行う
第7条 (役員の選任)
    役員の選任は、会長・副会長および顧問については役員会で推薦し、その他の役員は会長・副会長が合議により候補者を推薦し、総会に諮ったうえで決定する。
第8条 (役員の任期)
役員の任期は、原則として総会で決定後、次の総会の日までとする(但し再任を妨げない)
第9条 (運営)
本会を運営するため、次により総会および役員会を開催する
  1. 総会は、原則として隔年に会長が全会員を招集し、当該期間における事業報告・会計報告の承認および翌年の事業計画案・予算案・役員選任等の審議・決定を行う
2. 総会の議決は出席会員の過半数をもって決し、賛否同数の場合は、議長の決するところとする
3. 役員会は、第6条の役員をもって構成し、必要の都度、会長が招集し、諸案件を審議する
第10条 (会計年度)
本会の会計年度は、第8条の役員の任期期間と同一とする
第11条 (収入および支出)
  収入は「会費、寄付金及びその他の収入」によることとし、支出は「現役への資金援助、本会の運営費(印刷・郵送・連絡・会場等)及び慶弔」に充てることとする。
第12条 (慶弔)
1. 慶弔の対象は会員本人の場合のみとする。
2. 会員本人が逝去した場合は弔電するものとする。
3. 他の慶弔については役員会の判断とし、金額は役員会に一任する。
   
   
 
 
     
 
 
第13条 (会則の変更)
本会則の変更は、総会の決議をもって行う
                               制定  平成 4年11月20日
                               改訂  平成12年11月23日
                               改訂  平成14年11月17日
                               改訂  平成16年11月21日
                               改訂  平成18年10月 9日